私たちが目指していること/
事業内容

  • TOP
  • 私たちが目指していること/事業内容

私たちが目指していること、それは地域におけるチームで産婦人科医療を支えるカタチをつくること私たちが目指していること、それは地域におけるチームで産婦人科医療を支えるカタチをつくること

産婦人科+総合診療

産婦人科医の育成

産婦人科の専門医として、リスクの高いお産、手術、ウイメンズヘルスの一部を地域で担う医師の育成を行っています。

総合診療産婦人科医
の育成

地域医療に関わりながらウイメンズヘルスや、助産師と産婦人科医のバックアップの下で、ローリスクのマタニティケア(妊産婦ケア)や分娩に関わることのできる総合診療医の育成を、行っています。

産婦人科医療に関する
シミュレーション教育

初期臨床研修医や専攻医など、女性医療に初めて関わる医師が、シミュレーターを用いたシミュレーションを行ったのち、実際の診療に関われるようになるための教育研修を行っています。

  • ・各種シミュレーションコースの整備
  • ・各コースプログラムの受講サポート

産婦人科医療への
多職種連携

産婦人科医と助産師のみならず、母児の安全を守るためにウイメンズヘルスケアやマタニティケアに関わる、あらゆる職種間連携を進めるための活動を行ってます。
緊急時における、外科、小児科、麻酔科など、できるだけ多くの職種に関わって頂くことがこれからの地域における産婦人科医療には必要だと考えています。

ウイメンズヘルスに
関する教育と実践

総合診療医と助産師によるお産の実現には、常にウイメンズヘルスに関する教育をしていかなければなりません。
そのために私たちは、より教育研修を受けやすい環境づくりを行うための「ウイメンズヘルスセンター」を立ち上げていきたいと考えています。